×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Welcome
Board

NEW

WelcomeBoard / ウェルカムボード 2014年10月4日




中学・高校時代の友人初の同級生結婚!ご依頼でウェルカムボードを制作させて頂きました。
しかもお二人とは中一の時に同じクラスでした。ご縁がありますね〜♪

2年前のボード制作は、加減がわからずやりすぎてしまったので
今回はシンプルに!と思って作ったら結局、前回よりすごいことに!!

ちょうど原稿OKの返事待ちの間に、一ヶ月かかってなんとか完成。
組み立てなどは色塗りの前に、前回のやり方を応用できました。

前みたいなとんでもない忘れ物もなく無事に搬入、設置。ホッ
また皆様からスゴイと褒めて頂けたので良かったです(照)


 





 





WelcomeBoard / ウェルカムボード 2014年10月4日

 


組み立て方



イーゼルに背景となる大ボードをのせます。




中央に、ハートをバックにしたお二人をはめ込みます。




二人の後ろにWELCOMEとシンデレラ城を設置。




ディズニーのゆかいな仲間たちを配置。




下段に城壁を立体的に取りつけて完成です!!最後駆け足(汗)
  

WelcomeBoard / ウェルカムボード 2012年11月24日




高校時代の友人がめでたく結婚!ご依頼でウェルカムボードを制作させて頂きました。

正直、ボードなので、一枚のボードで良かったのかもしれませんが、
シロウトな僕は、平面じゃつまらないと思い、パーツを重ね飛び出る感じにしようと考えました。

結果的には、一ヶ月かかってなんとか完成という超大作に。
ギリギリまで作業していたため、当日に大事なパーツを忘れて、引き返すなんてトラブルも(汗)

そんなこんなでかなり大変でしたが、ご両人含め、皆様からの評判も良く、
二次会会場の支配人からは「こんなの初めて見た!」と褒めて頂けたので良かったです(照)


 

 



 

WelcomeBoard / ウェルカムボード 2012年11月24日

 


組み立て方

 

イーゼルにWELCOMEプレートを置き、上から背景となる大ボードをのせます。

次に両脇の鯛と中央上のウエディングケーキを、大ボードの上からはめ込みます。


 

ケーキ上に招き猫。そして中央に、ハートをバックにしたお二人をはめ込みます。

最後に、お二人の名前の入った板と、大入袋をバックにあしらえば完成です!


デザインと試作品



和風好きなお二人なので和装にしました。また結婚式が11月ということで思いついたのが、酉の市の熊手。
縁起のいいものをあれやこれや盛り込もうと考えました。




考えた物が実際に形になるか、厚紙でパーツをつくり試作してみました。

この時は、各パーツをテープで張っただけで、実際にはどう固定するか全くの未定でした(恥)
試作品は高さ22センチ程度。本物は縦横が約75センチと立派なものになりました。




パソコンで色合いの試し。決まっている所から塗っていき、最終的に悩んだのが
下部のWELCOME文字と、そのバックのプレートの色。




美術作品

切り絵・着色



最初、友達同士で組んでお互いの似顔絵を描き、切り絵にした紙の上から
絵の具を付けたスポンジで叩いて、黒い紙に転写していくという授業でした。

きれいにできたお気に入りです。タイトルはマグリット的に「光の帝国」。

壁掛けシーサー




沖縄での修学旅行の体験学習で作りました。粘土が足りなくなったので友達からちょっと拝借。
後日、焼きあがったものを送っていただきました。

一応、壁掛け用とのことですが、 怖くてとても掛けられません・・・。(落とすのが)

木彫りのフクロウ





高校の美術の授業で作ったものです。 手渡されたのは、カッターでも削れる柔らかい木のブロック。

これで鳥を作れとのことでしたが、翼を広げた姿を作ろうものなら極小になってしまうと思い、
ブロックの形を最大限生かして、このフクロウとなりました。(尻尾は余りを拝借)



脚先は針金に、伸ばすと粘性が出る渋紙に似た紙テープをぐるぐる巻きにしてます。
ギミックとして首は当然回ります。どこまでも・・・。

木に水性絵の具では、しみて色がのらないので お母様のトールペイントの絵の具を使用。
おかげで厚塗りでき、フサフサ感がでました。



土台作りにもお母様のアイデアをいただき(ありがたや、ありがたや)
木の板と公園で拾ってきた枝に、ネジを文字通りねじこんで構成。

最後に、プラスチックを溶かして接着するグルーガンを使用して固定してます。
スタイリッシュデザインでインテリアに最適!ということで今も部屋に飾ってあります(笑)

おき上がり小法師・大黒様



高校の美術の授業で作ったものです。

まず粘土で形を作り、和紙をちぎって形に合わせて均一に貼り付けていきます。
一定の厚みに貼り終わり、乾いたところで場所を決めてざっくり切ります。

これの場合、袋の部分を上下に輪切りにして、上部の粘土だけをかきだします。
そして再び、和紙で上下を張り合わせて、色を塗れば完成というわけです!





足の下の文字は「二年三組 新井淳也」を古代っぽくしてます。 同様に底面には「笑門来福」と書いてみました。
かわいく、まとまりよく作れたと思います。

タイルアート



色つきのタイルを削って、白い下地を出して イラストを描くという高一の美術の授業でした。
削り終わった後は、このタイルを加熱して 色の部分を溶かしてコーティングして完成です。

イラストのテーマは、来るべき21世紀にむけて 「MEZASE!!」

モザイクアート



プラスチックのプレートを細かく砕いて モザイクアートを中二の美術の授業で作りました。
僕の大好きな「ナイトメアービフォアクリスマス」を題材に。

灰色とオレンジ色のプレートがなかったので ペンで塗ってごまかしたんですが、イマイチでした(泣)

立体オブジェ



これは中学生の美術の授業で作ったものです。 厚紙を数種類の形に切り分けて、切れ込みに差し込んでます。

さらに裏表と違う色を塗ることで、角度によって 色々な表情を出せるというわけです。

縄文風?土器





実は小学生の時、授業で作った縄文風土器です。
ちゃんと、うわぐすりまで塗って作らせてもらった思い出深い一品。中がつるつるで気持ちいいです(笑)


文化祭
ポスター

七福神ポスター



実は例の如く、2003年最後の学校祭用に描いていた趣味丸出しの二枚目です。
とにかくめでたいものが詰まってます。

結局、時間的に間に合わなかったので自分で納得のいくまで、丁寧に仕上げました。
個人的に会心の出来栄え。いやぁー、めでたい!!

第19回くすのき祭・応募ポスター



高校三年、集大成としてこれぞ学校祭ポスターという感じに仕上げました。
その甲斐あってポスターに選んでいただけました。よかったです。

第18回くすのき祭・応募ポスターA



@よりずっと学校を意識してますが、2位どまりに終わったのは生徒のガラが悪いからかも…。

第18回くすのき祭・応募ポスター@



前年と同じようにポスターを二枚描いて、後に描いて趣味的になったこのポスターが選ばれました。

複雑に描きすぎて時間に間に合わなくなり、母と兄に色塗りの大半をお任せしたというのは、ここだけの秘密。
おかげで、自分では思いもよらないカラーになって大成功だったと思います。

第17回くすのき祭・応募ポスターA



実はこっちをメインにしてがんばってやってたんですけど、
ぱぱっと描いた@の方が選ばれてしまいました。何がうけるかわかりません(汗)

一応、ロボット社会が命の原点を見つけたぞ、という壮大なテーマで描きました。

第17回くすのき祭・応募ポスター@



この年の学校祭のテーマが「Origin-原点-」ということだったので
ゼロとかシンプルさを意識した結果、キース・ヘリング的なものになりました。

このシンプルさが受けて、ポスターに選ばれました。

第16回くすのき祭・応募ポスター



3年目にして初めて、学校祭ポスターに選ばれました。

葉っぱから鳥になるのは、小さい頃好きだった、ちびまるこちゃんの映画を意識してます。
ポスター系はみんなポスターカラーで塗っています。

第14回くすのき祭・応募ポスター



学校祭のポスターコンクールに応募したものです。

あまりに独特な中一の感性が爆発して選ばれませんでした。
今考えても何でこの絵?という感じです。でも、嫌いじゃない(笑)


文化祭
アーチ

第18回くすのき祭・正門アーチ(裏)





裏のデザインモチーフは、首里城の柱に描かれている豪華な龍の装飾です。

本当は金の龍なのですが。安いアイボリーのペンキを使って雰囲気だせたと思います。
筆の感じも意識してみました。

やはり注目は文字のグラデーションがうまくいったことだと思います。
遠目きれい!ここまできたら自画自賛です。わーい。

板は毎年使い回しなので、翌年には塗り重ねられてしまうのがさみしいですが、これも宿命ですね。

こんな大きな絵をペンキを使って描くことも、そうないことだと思うので、とてもいい経験になりました。

第18回くすのき祭・正門アーチ(表)





修学旅行先の沖縄は本土復帰30周年、ということで表は守礼の門にシーサーを描きました。
アーチも高二の今年で引退なので、最高のものにしようとがんばりました。

シーサーの肌のぼかしがお気に入り。おかげ様で評判もよく、
お客さんがアーチの前で記念撮影をしていたと聞いた時は感慨深いものがあり…ホロリ。

ちなみに左上の写真、門の奥に見えるのが、名前の由来のくすのきです。

第17回くすのき祭・正門アーチ(表)



第17回くすのき祭・正門アーチ(裏)



この年からアーチのデザインもコンテストになって、再び選ばれました。
ポスターのデザインと合わせてみました。

真夏の炎天下から制作を始めるアーチは汗とめまいと思い出がつまっています。

第17回くすのき祭・正門アーチ(表)



第17回くすのき祭・正門アーチ(裏)



この年からアーチのデザインもコンテストになって、再び選ばれました。
ポスターのデザインと合わせてみました。

真夏の炎天下から制作を始めるアーチは汗とめまいと思い出がつまっています。

第16回くすのき祭・正門アーチ(表)



第16回くすのき祭・正門アーチ(裏)



中三でポスター大賞をいただいたあとに、正門アーチも描いてみないかと誘われてやったものです。

好きな古代遺跡をモチーフにしようと思って、表は半神ラマス、裏はアブシンベル大神殿を描きました。
線がカクカクしてるのはビニールテープでマスキングしたからです。

第16回くすのき祭・正門アーチ(表)



第16回くすのき祭・正門アーチ(裏)



中三でポスター大賞をいただいたあとに、正門アーチも描いてみないかと誘われてやったものです。

好きな古代遺跡をモチーフにしようと思って、表は半神ラマス、裏はアブシンベル大神殿を描きました。
線がカクカクしてるのはビニールテープでマスキングしたからです。


Tシャツ
デザイン

体育祭Tシャツデザイン高3



高校生活最後の体育祭Tシャツデザインは白地に黒と赤で、ハワイの喧嘩好きな豚の神様
「KAMAPUAA」カマプアアをデザインしてみました。

イラストの線はパソコンに取り込んでフラッシュで描いたと思います。
下には英語でカマプアアの説明をそれらしくしています。



裏面にはカマプアアの後ろ姿と、その足元にK.O.された担任の先生が(笑)
赤字のCMというのはクラスメイトのことだと思います(汗)

小さいイラストはオマケ。昔描いたカマプアアののイラスト。後ろは僕の自画像キャラ。

体育祭Tシャツデザイン案



未採用のTシャツデザインです。個人的に好きなのでオマケで載せました。

体育祭Tシャツデザイン高2




修学旅行に沖縄に行ったので、白地に黒色とオレンジでシーサーをデザインしてみました。

表は学校名と阿のシーサー。裏には吽のシーサーと空白にはクラスメイトの名前が入ります。



体育祭Tシャツデザイン高1



友達のデザインで僕がイラストを描きました。世界一有名なキャラクターに似ているので、ちょっとドキドキ(汗)

テーマの「Sturm und Drang」はドイツ語で、意味は「疾風怒濤」です。 裏に金字で十字にデザインしてみました。

体育祭Tシャツデザイン中3



紺地に白で安さを追求?してます。

表の左胸にはテーマである21世紀(当時)を意識して「TO THE NEXT CENTURY」のプリント。
裏は『不思議の国のアリス』のウサギ。男女気にせず着れるデザインを意識したと思います。

右上は別クラスのデザイン案を僕がイラストにしたもの。有名なジュースをパロッてます。


オマケ

ねり消しアート



アシスタントの仕事中にねり消しを使うのですが、ちぎったり丸めたりしてると
これは!という形になったりして思わず造形してしまいます。

たとえアシスタント仕事中でも(笑)

結局はまた練ってしまうので、写真に収めたしだいです。

ねり消しアート2



あまりに使いすぎて、真黒になり、こすれば逆に紙を黒くしてしまう 練り消しは、
ようやく引退となります。 そこで造ったのは、スライムです!

あらためて形にしてみるとそのデザインの素晴らしさがわかります。たまに増殖。

久しぶりにできた新作は、ずばりスプリングマン!!
< あの恐怖のデビルトムボーイ使いが、僕の机の上に参上です。





























































































ページ上段に戻る











































































































































ページ上段に戻る